片付けられない、物をなくす夫

夫は物をなくす天才でした。文房具は夫の好きな物の一つでしたが、

買ってきた文房具もすぐに無くしてしまっていました。

そんな夫の普段の生活について書いていきます。

毎日のように物をなくす夫

文房具は趣味の一つではありましたが、日常的に使う物です。

今、私の机の上はボールペンやハサミを置いておく場所が決まっていて、

使い終わったら、元の決まった場所に戻します。

忙しくて、そのとき出来なくても後で同じ場所に戻すことができます。

 

しかし、夫の場合は使ったら、同じ場所に戻すことができなかったのでしょう。

毎日のように、「あれが無い、これが無い」と言ってはいつも

新しい物を買ってきていました。

 

夫とは生活時間がズレていたので、文房具などにしても夫と私で

共通のものを使うことは無かったし、夫が私の物を借りて使うということも

無かったので、私の物がなくなるということはありませんでした。

片付けられない夫

夫は常に自分の部屋を持っていました。

結婚3ヶ月で夜中に帰ってくるようになったので、夫婦らしい愛情も育ちませんでした。

夫は夫、私は私というように、同じ家に住んではいるものの、お互いの事に

干渉したりすることはありませんでした。

 

しかし、ある時夫が仕事へ行っている時に夫の部屋へ入ってみました。

すると、段ボールの中に食べ終わったコンビニのお弁当の入れ物と

明らかに重要だと思われる書類が一緒に入っていました。

さすがに、これを見た時はびっくりしました。

そして、物が無くなるのも納得が行きました。

 

このブログを見つけてくれた方へ

アスペルガーやADHDを持つ夫やパートナーと一緒に暮らすことは、

寂しいし辛い事が多いですよね。

 

2度もそんな経験をした私とお話ししませんか?

このブログを辛い思いをしている方が気楽に集まれるサロンのように

使って欲しいのです。

コメント欄にあなたの辛い思いを書き込んでください。

ただし、誹謗中傷が書いてあるコメントは削除させていただきます。

もし、あなたの体験や思いをこのブログに載せてもよかったら、

「ブログに載せていいです」と添えてください。

 

では、またお会いしましょう。

 

私の体験もまだまだ続きますが、コメントはいつでもO.Kです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました