はじめまして

私は2度の結婚生活の経験があります。

25歳の時に初めて結婚しました。30年以上前のことです。

結婚前は何も話してくれなかったのですが、

かなり酷い虐待を受けていて、パーソナリティ障害もありました。

 

結婚3ヶ月後には、真夜中になるまで家に帰って来なくなりました。

その時は日曜日しか休みが無い医療機関に勤めていたのですが、

日曜日も仕事に行っていました。

 

私も働いていたので、夕飯が終わると毎日ドラマを見て

過ごしていました。

 

結婚6年目に娘が誕生

 

ようやく結婚6年目で娘が生まれました。

やはり、夫は育児には積極に参加すること無く、

日曜日に夕方になると、必ず「出かけてきていい?」と尋ね、

近くのショッピングセンターに行っていました。

夫の障害について何も知らなかったので、

普通は育児で疲れている妻に「気分転換に出かけてきたら」と

いうもんじゃ無いのかなあと思っていました。

 

そういえば、私の親族が集まった時には夫は外で、

車の掃除をして、会話に入ることは一度もありませんでした。

 

夫がおかしいと思った初めての出来事

私は玄関掃除をしていて、最後に水を流したかったので、

珍しく家にいた夫に「お風呂の水を汲んできて」と頼みました。

すると、湯船にバケツを座バット入れた音が聞こえたのです。

 

慌ててお風呂場に行くと、思った通りでした。

「こんなことをしたら、玄関に行くまでの廊下が水で

濡れちゃうでしょう?」

と言いましたが、反応は無く夫に頼むのはあきらめて

自分でやり直しました。

夫は先の見通しをつける事ができなかったのです。

 

このエピソード以来、「夫がおかしい」という考えが

私の頭から離れなくなりました。

 

おかしいと思うと、夫をしっかりと観察するようになりました。

子供のクリスマスプレゼントが買って来られない

プレゼントの品は「キックボード」、

予算は1万円以内、買う店も決まっています。

お店の人に聞けば、体格に合わせた商品を教えてもらえます。

自分で決めるのは「色」だけの状態でした。

 

しかし夫は「キックボードがたくさんあって、

考えようとすると体が動かなくなる」という理由で

キックボードを選ぶこともできませんでした。

 

毎朝、インスタントコーヒーの場所がわからない

夫は小学生の時に、朝ご飯を食べて一度吐きそうになった

事があり、それ以来朝食を一度も食べないようになったと言っていました。

毎朝、インスタントコーヒーを飲むのですが、置き場所も変えていないのに、

コーヒーがどこにあるのか分からないのです。

 

その度に、私が「コーヒーはここにあるよ。ここに置いてあるからね」

と、言うのですが、翌日も同じ事が起こります。

「ああ、毎日が1からのやり直しだ」そう感じていました。

 

決して夫は頭が悪くて覚えられないのではありません。

ケアマネージャーの第1回目の試験は合格率が3%でしたが、

夫はこの試験に受かっています。

 

このブログを見つけてくれた方へ

アスペルガーやADHDを持つ夫やパートナーと一緒に暮らすことは、

寂しいし辛い事が多いですよね。

 

2度もそんな経験をした私とお話ししませんか?

このブログを辛い思いをしている方が気楽に集まれるサロンのように

使って欲しいのです。

コメント欄にあなたの辛い思いを書き込んでください。

ただし、誹謗中傷が書いてあるコメントは削除させていただきます。

 

もし、あなたの体験や思いをこのブログに載せてもよかったら、

「ブログに載せていいです」と添えてください。

 

では、またお会いしましょう。

 

私の体験もまだまだ続きますが、コメントはいつでもO.Kです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました