アスペルガーの夫に金銭的に追いつめられる

話がさかのぼってしまいますが、アスペルガーの夫と再婚してから、

5〜6年の間、私は記憶がほとんどありません。

その理由を一人目の夫による精神的虐待で発症した複雑性PTSDの

影響だと思っていました。昨日までは・・・

 

アスペルガーの夫が私のことをどのように追い詰めてきたのかを

お伝えしていこうと思います。

アスペルガーの夫が金銭的に追いつめてきた事実とは

 

アスペルガーの人はお金のことに、寛大なタイプととても厳しいタイプに

分かれることは最近読んだ本で知りました。

しかし、再婚した夫はお金に厳しいなんて甘いものではありませんでした。

 

スーパーに夫と娘と私の3人で行った時にイチゴを買おうとしたら

「果物なんて贅沢だ!」と突然怒鳴られて、大喧嘩になりました。

このことについては、私自身の記憶に残っていました。

 

「再婚してから、お母さんは『死ぬ』『離婚する』とよく言っていた」と

娘からは以前から話を聞いていました。

なぜ、そんな状態だったのかを昨日、娘から聞きました。

娘はIQがかなり高くて細かいところまで、記憶があります。

 

・・・・・・娘から聞いた話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イチゴでダメだったのと、娘にビタミンを取らせようと私はキウイを

買ってきました。

もちろん、夫は大激怒。

「なんで、果物なんか買ってくるんだ!!!」

まだ、エネルギーが残っていた私は夫に抗議をしました。

激しい夫婦喧嘩になりました。

 

私が娘に「何が食べたい?」と聞いて、買おうとするだけで

もちろん夫は激怒します。

その度に、口論になり私は「離婚する」と言うところまでなっていました。

 

再婚して1ヶ月も経たない頃の出来事です。

学校を休んだ娘のお昼ご飯にと、ネギトロを買ってきました。

そして娘に言った言葉は

「ごめんね。こんな時しか、あなたの好きな物を食べさせてあげられないの」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私は決して気が弱いタイプではありません。

でも、このセリフを自分で考えると、もうすでにアスペルガーの夫に

エネルギーを奪われて、病んでいっている様子がわかります。

 

PTSDの症状である解離はストレスにより、起こりやすくなります。

再婚して5〜6年の間の記憶が無いのは、度重なる夫からのストレスのより、

「この場から逃げたい」と解離を起こし続けていたからと考えると、

つじつまが合うと思われます。

アスペルガーの夫は金銭的に追いつめて、妻がおかしくなっても気が付かないし、アドバイスもしない

働けない私には収入がありません。

夫しか稼いでいないので、お金のことでは相当肩身の狭い思いを

していました。

 

いつも、お金のことしか頭になかったのを思い出しました。

「あなたに5000万円を受け取って欲しいです」

「新車を友人から譲り受けて、余っているのでもらってもらえませんか?」

 

今なら、SNSでこのような内容が来ても騙されないようにしましょうと

注意喚起されているのですが、私が引っかかってしまった頃には

まだそのような情報も無く、とにかくお金が欲しい一心で騙されました。

 

普通、夫なら「それは嘘だよ。これからは連絡を絶った方がいい」と

アドバイスをするのが当然だと思いますが、夫がやったことは

相手の指示通りの場所に黙って私を連れて行きことだけでした。

 

しかも、後に聞いたら「嘘だと思っていた」と平気で言うだけで、

妻が騙されているにも関わらず、言葉かけもしないという言動が

信じられません。

妻でも赤の他人感覚なのです。

 

まあ、夫にとっての家族は自分が育った家族しかないというのも、

のちに分かりますが・・・

 

アスペルガーの人は他人の気持ちがわからない、共感できないという

特徴を持っているのを前提としても、夫のお金に対する執着心は

異常の域に達していると思います。

 

このような夫と再婚してしまった私は、5〜6年も記憶を失うことに

なったのです。

 

まとめ

アスペルガーの夫が私のことをどのように追い詰めてきたのかを

お伝えしてきました。

 

娘から当時の話を聞いて、ものすごく納得はしました。

しかし、このブログの文章を書くだけで相当に具合が悪くなりました。

もう10年以上前の話です。

 

しかし、アスペルガーの異常さは思い出すだけで具合を悪くする

パワーがあるのだと改めて思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました