記事を書くときはいろんな角度から情報を得よう。

こんにちは、かなです。

 

昨日、トレンドアフィリエイトのブログで、オーガニックコットンの

記事を書こうと、情報を集めていた時のことです。

 

次から次へと似た記事が出てくるのです。

内容は「オーガニックコットンと普通のコットンには違いがない」という趣旨のものでした。

 

その理由としてあげられているのが、「今でしょ」の林修のTVに

日本オーガニックコットン協会のメンバーが

「オーガニックコットン(綿花)と普通のコットン(綿花)は科学的に違いを判定できない」と

発言したことでした。

 

TVが放送されたのが2015年と3年も前のこと。

しかも日本オーガニックコットン協会という名前なので公的な機関かと

思い、見てみたら単なるNPOでした。

 

私は一時NPOに属していたこともあり、NPOを作るには

10名の代表者と規約などがあれば良いことを知っているので、

NPOだからと言って信じる根拠にはしません。

 

どの記事にも同じ主張が述べられており、

たぶん、当時のアフィリエイターがTVをみて、

これは意外だ!ニュースになると思い書かれたのではないかと思いました。

 

実際にオーガニックコットンから製品を作っている方は

全く反対の意見を書かれていて、

オーガニックコットンは普通のコットンより1ヶ月も長く栽培し、

完熟したところで収穫するため、中に含まれる空気が2倍もあると

述べています。

 

私自身も家庭菜園で野菜を育てた経験があります。

例えば、トマトを例にあげると、普通のトマトは運ぶ途中で

痛みを防ぐためと、運搬中に熟していくので青いトマトを収穫します。

 

それが、お店に並ぶ頃には赤くなっているという訳です。

素人が作ったとは言え、家庭菜園で完熟したものを食べ比べてみると、

完熟したトマトの方が美味しいのです。

もちろん、他の野菜全てに言えることですが。

 

完熟したコットンが完熟する前に収穫したコットンと違いがあるのは、

当然のことと言えるでしょう。

 

科学的に何を調べて違いがないと結論づけたのかはわかりませんが、

空気を2倍含んでいても、重さに違いは出ませんから、

科学的には違いは出ません。

 

 

TVを収録する際にスタジオに

NPOの日本オーガニックコットン流通機構の方がいました。

流通機構の事務所にデザイナーさんと視覚障がい者の方が

洋服を作って欲しいと、来られたそうです。

 

視覚障がいを持つ人は目が見えない分、他の感覚が鋭くなって

肌触りにも過敏になるそうです。

そこで、オーガニックコットンの生地の肌触りを調べに来たのです。

 

デザイナーさんも目隠しをして、2人で生地を触っていき、

「全く違いますね」さらに、柔らかさの質が違うと答えたそうです。

 

TVの収録で流通機構の方が20分喋ったのに、30秒にされ、

「最初から答えが決まっているのが TVなんだ」と実感されたそうです。

 

流通機構のサイトはTVの放送以前からあるので、

TVだけの一方的な情報に流されて生地を書いてしまうと

世の中に誤解を生み出す元になってしまいます。

 

実際にオーガニックコットン+キーワードで検索すると、

オーガニックコットンは普通のコットンと違いはないという

記事がたくさん出てくるので、

一般の方が調べた時に間違った情報を得ることになっています。

 

間違ったと言い切った理由は、自分自身の体験です。

「本当に違いはないのか」と疑問に思った私は

オーガニックコットンを扱っているお店に行きました。

 

オーガニック100%の物はタオルしかなかったので、

そのタオルと普通のタオルを比較しました。

 

オーガニック100%のタオルは光沢があり、指で触ると

スルーと滑らかに滑ります。

 

それに対して同価格ぐらいのタオルを見ると、

光沢はありませんし、指で触るとザラザラします。

 

この違いがわからない人はたぶんいないでしょう。

製品を見てみれば、一目瞭然なのです。

 

私たちが使うのは綿花そのもではありませんし、

その後の製造工程にも大きな違いがあるのです。

 

TVで放送すると、それだけでも大きな影響を世の中に与えます。

しかし、私たちアフィリエイターもそれに乗っかってしまうと、

ネットの社会まで、その情報を垂れ流しにすることになります。

 

私たちアフィリエイターは情報を得た時に「本当かな?」

「熱の視点はないかな?」「別の考え方はないかな?」と

情報に対して、疑問を持ち、

 

必ず一つだけの情報を元に生地を書いてはいけないと

強く感じました。


アフィリエイトランキング

“記事を書くときはいろんな角度から情報を得よう。” への2件のフィードバック

  1. ロナウド より:

    かなさん。
    ロナウドです。
    ランキングから来ました。
    ネットの情報は、難しいですね。それはどんな分野でもいえると思います。これだけ簡単に自分の意見を言える時代なので、間違った情報で、真実が見えてこないことはあるでしょうね。

    • moritakana より:

      ロナウドさん、こんばんは。
      今、別のトレンドアフィリエイトで書いているオーガニックコットンについての
      ネットの記事は、それこそ多くが間違っています。
      その間違いがTVの1階の放送から起きたらしく、それをネットの世界に広げてしまった人の
      過ちが悲しいです。
      皆、ハンを押すように同じ内容が書かれています。
      Googleもそれを全て載せてしまっている意味がわかりません。
      私は少数派でも、自分が問われた時に応えられるように責任を持って
      記事を書いていくつもりです。
      そして、必ずや読者にとって役に立つ記事になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA