「アフィリエイトで稼ぐ」決意をしたら、家族を味方につけよう!

 

こんにちは、かなです。

 

「アフィリエイト」って、まだまだ社会的に認知度が低いですよね?

未だに詐欺だと思っている方もいるようです。

 

同じ勉強会に参加していたAさんは、

ご主人の反対で、アフィリエイトの作業が

出来なくなってしまいました。

 

「アフィリエイト」を真面目にやっている身としては、

れっきとした仕事です。

 

私は療養中の娘も抱えながら、家事も全てこなし、

それ以外の時間をほぼ全部、「アフィリエイト」に

使っていますので、正直ハードです。

 

基本的に一人でやる仕事で、監視している人もいないので、

やる気が出ない時に、作業をするまで

気持ちを持って行くのは、本当に大変な時すらあります。

 

はっきりしているのは、記事をアップしなければ、

1円にもならないということです。

 

 

実は、我が家ではとても嬉しいことがありました。

最近になって療養中でありながら、娘が私の書いた記事を

添削してくれるようになりました。

 

娘は読書が趣味で、ある投稿サイトに小説も90ほど

投稿していて、語彙は多くテンポの良い文章を書くことが出来ます。

文章力は私は天と地の差くらいあると感じています。

 

添削しながら、置き換える言葉がさらさらと出てくるし、

一度口にしたら覚えてしまうので、聞き返すこともできます。

 

今日の記事は「バレンタインのお返し 中学生編」のような内容でしたので、

今の若い子の微妙なニュアンスも、30歳離れている娘だと

良くわかるので、そういったアドバイスも貰えます。

 

また、趣味や興味が全く違うことも、今後力を

発揮することができると思います。

 

実はすでに「彼女にプレゼントする花」選びを

してくれました。

娘は花言葉にとても詳しいので、頼んだら

15分ほどで仕上げていました。

 

花言葉にまるっきり知識のない私が1から調べたら、

一仕事になってしまいます。

 

さらに、違う年代で一つの記事を書くと、必ず違った角度からの

意見になります。

 

協力してもらう場合は、自分が謙虚になって、

アドバイスを快く受け入れることも大切だと思います。

 

また、仕事に熱中していて、何時間もパソコンの前にいると

「お母さん、少し休んだら?」と声をかけてくれるのも助かります。

 

我が家の場合は、娘が「アフィリエイト」に力を貸してくれて、

本当にハッピーです。

 

 

私のような例でなくても、

ご夫婦の一方が「アフィリエイト」をやっている場合、

夫や妻が違った角度から、記事を読んでくれるので、

 

記事に広がりも出たり、「もう一つ、別の角度からの記事が書けるね」と

アドバイスがあれば、記事を書く大きなエネルギーが出ると思います。

 

そんな力はないという方の場合でも、文字の間違いは指摘できます。

人はミスをする生き物ですから、1人の目より2人の目の方がいいです。

これは、他の仕事の中でも、ダブルチェックとして確立している場合も多いですよね。

 

ダブルチェックの役割をしてもらうだけでも、大いに

助かると思いますよ。

 

アフィリエイトランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA